賃貸物件探しはインターネットは参考程度にするべきってホント!?

おとり物件に気をつけよう

インターネット検索で賃貸物件が探せるようになったので、利便性の良さから気に入った物件を見つけたら内見を申し込む人も多いでしょう。しかし、現地待ち合わせで内見予約をすると断られるケースが今でも後を絶たない状況で困ったものです。条件が良い物件をおとりとしてインターネット上に広告掲載して、問い合わせがあった時には既に決まってしまったという理由で不動産屋へ来店誘導します。不動産屋にとって広告料が大家から沢山出る賃貸物件のみを紹介すれば、利益が出るのでインターネット上に公開募集されている物件の中には実在しないものが一部含まれてしまっています。最初から現地待ち合わせ可能な不動産屋に相談すると良いでしょう。

サブリースは最後の手段

不動産屋の中には、大家から賃貸物件を一括借り上げして入居者に又貸ししている転貸物件を扱っている業者がいます。大手不動産屋であってもサブリース物件を扱っていることが多く、住宅メーカーのブランド名を冠して営業している所も少なくありません。しかし、借地借家法により強く保護された普通借家契約とは異なり、サブリース契約は転貸契約ですから入居者の権利が制限されていることを認識した上で借りる必要があります。気に入った物件が無かった時の最後の手段としてサブリースは利用する程度にしておくことが無難です。

インターネット非掲載の物件にはお得が隠れています

インターネット上に公開募集されている賃貸物件は、流通物件と言われています。非流通物件が何故存在しているか疑問に思う人もいるでしょう。同じ集合住宅であっても、家賃や管理費は部屋ごとに異なるだけでなく契約時期や不動産屋によっても変わります。空室期間が長くて埋まらない場合には、家賃を下げて募集を行うことがありますが、他の入居者に値下げを知られないようにするためにインターネット非掲載物件が生まれています。非流通物件の中にはお得な部屋が多く含まれていることを知った上で賃貸物件探しを行うと良いでしょう。

北海道の南部に位置している苫小牧市は、自然や緑もあり商業施設なども充実しています。そのため、苫小牧の賃貸住宅は子育て環境の良い物件が数多くあります。

お問い合せ
札幌市白石区の賃貸で見つける