注文住宅なら考えよう!こだわる人のデザイン3選

吹き抜けで広い住宅を演出

快適な住宅を作りたいと考えるのは注文住宅を設計する上で大切なことですよね。そのときにこだわりを持つ人のデザインとしてよくあるのが吹き抜けです。二階建て住宅であっても吹き抜けを作ると広い空間を演出することができ、リラックスしやすい部屋を作り上げることができるでしょう。さらに天窓を作るとゆっくりと夜空を眺めることができます。採光の観点からも優れているのが吹き抜けであり、広々として明るい住宅を作るのに適したデザインです。

対面式キッチンでコミュニケーションの促進

家族のコミュニケーションを大事にしたいという人が注文住宅で考えるデザインが対面式キッチンです。料理をしている人とリビングでくつろいでいる人が背中合わせになってしまうと必然的にコミュニケーションの機会が減ってしまうでしょう。対面式キッチンを利用するといつも互いに顔を合わせる状況が作れるため、家族でのコミュニケーションを促進することができます。特に料理をする人が楽しめるようにするという考え方から重宝されるデザインです。

バリアフリーで長く住める住宅設計

将来のことをよく考えている人が注文住宅のデザインで目を向けるのがバリアフリーです。自分が高齢者になったときや、両親との同居を始めることを考慮してのデザインであり、長く住めるようにするための工夫でもあります。住宅設計をする上で若いときに注文住宅を建てると忘れてしまいがちな視点ですが、車椅子生活を考慮して適切な住宅設計をしておくと老後まで満足して住める住宅にできるでしょう。生涯住める家を建てるためにも大切なデザインの仕方です。

足立区の注文住宅を上手く選ぶために、様々なタイプの物件の室内の環境や建物の材質などにこだわることが大事です。