一人暮らしを始めたい!間取りの選び方とは

一人暮らしに典型的な間取り

一人暮らしで賃貸生活を始めたいというときにはどのような間取りの部屋を選ぶのが適切なのでしょうか。一般的に選ばれるのはワンルームか1Kであり、収入に余裕がある人の場合には1DKや1LDKを選ぶ場合もあります。人によってこだわりを持っている場合もありますが、典型的なワンルームと1Kでどのような基準で選ばれているのかを知っておくと選びやすくなるでしょう。違いになっているのはキッチンを分けて考えるかどうかです。

ワンルームか1Kかの判断基準

ワンルームか1Kかで悩んだら重要になるのがキッチンを寝室と分けたいかどうかです。その間に扉で仕切りがあるかどうかがワンルームと1Kの違いであり、寝室で料理をしても構わないという人はどちらでも選べるでしょう。しかし、寝室とキッチンの二つをきっちりと分けて住みたいと考えたら1Kを選ばざるを得ません。料理の匂いが寝室にこもるのが嫌だと考える人もいるからです。このこだわりの違いによって判断するのが賢明です。

扉が与える影響にも注意が大切

寝室とキッチンを分けなくても良いという場合にはワンルームも1Kも選べますが、1Kを選ぶ場合には二つの部屋の間にある扉の影響についても考えておく必要があります。扉は必ず開け閉めができなければならないため、その扉が動くスペース分だけ部屋が実質的に狭くなります。扉を動かす範囲には何も置くことができないからです。そのため、同じ面積であればワンルームの方がスペースを広く使うことができることも覚えておくと良いでしょう。

札幌市豊平区の賃貸物件を探す時に、どのエリアに住みたいか決めておきましょう。街の雰囲気を知ることがとても大切です。