家づくりには資金計画!忘れてはならない費用とは

注文住宅にかかる直接の費用

注文住宅で望んでいる家づくりを達成しようというときには費用をよく考えて資金計画を立てることが欠かせません。最も大きな費用となるのは注文住宅そのものにかかる費用です。土地を購入する費用から始まり、工務店やハウスメーカーとの相談を経て建築にかかる費用がかかり、外構工事にかかる費用も別途で必要になります。この総額が最も大きなものになり、多くの場合には住宅ローンでカバーすることになるでしょう。しかし、他にも費用がかかることを忘れてはなりません。

諸経費は意外に高くなる

注文住宅を手に入れるときには諸経費がかかります。諸経費に相当する費用は多岐に渡りますが、不動産を手に入れたことによって不動産取得税などの税金を支払う必要が生じたり、登記を行うための登記費用がかかったりといった諸々の費用は積み上げていくと意外に高くなることは覚えておきましょう。住宅ローンにかかるローン保証料や、保険に入るための費用も考慮しなければなりません。工夫をすれば節約できるところもあることは覚えておくと良いでしょう。

住宅が建ったら必要な費用

注文住宅が建ったらそれでかかる費用は終わりかというとそうではありません。建った住宅に住むためには引越しが必要になるからです。引越し費用に加えて、それまで住んでいた住居の処分や退居にかかる費用も考慮する必要があります。また、新しく住む家の修繕計画を考えて積み立てをしていく必要も生じるでしょう。諸経費までは気が回っても、新しい生活で初期に必要になる費用を忘れてしまう人は多いため、注意しておくことが大切です。

注文住宅は自分で好きなように建築することができるのだと思いますので、思いの通りにマイホームを手に入れることができます。

狭小住宅を探す
SE工法を見つける